辛いダイエットはやめてこうじ酵素を飲もう

ダイエットと言えば運動と食事制限が思い浮かびます。

しかし忙しい現代社会において食事制限は簡単にできても運動する機会はあまりないかもしれません。

夜なら時間が取れたとしても男性ならともかく、女性が夜に1人で歩いているのは物騒です。

そこでお勧めなのがゆるい食事制限と軽い運動のダイエット法です。

ゆるい食事制限は3種類あり、朝にバナナを食べる・炭水化物の一部をもやしに変える・腹八分目でやめるの3つがあります。朝にバナナを食べると代謝を活性化させてくれ、エネルギーを使いやすい体にしてくれます。

食事前にこうじ酵素を飲むことで消化酵素を取れるのでオススメです。

参考:こうじ酵素の口コミ

炭水化物の一部をもやしに変えるは、パンやご飯などの炭水化物をもやし料理に置き換えます。炭水化物はカロリーが高いですから、あまりカロリーのないもやしに置き換えれば、それだけでカロリー摂取を避けつつも満腹感を得るという方法です。

最後の腹八分目でやめるが最も簡単です。

空腹が満たされたらお腹いっぱいになる前に食べるのを辞めます。いつも夜は外食で済ませているなら、オーダーのときにご飯を半分にしてもらうのがいいかもしれません。

次に軽い運動ですが、上半身を鍛える軽い運動でお勧めなのが、逆立ちです。

もちろん壁を使って逆立ちをしてもらっても大丈夫です。これを3分を1日1回だけで十分です。最初から3分はできないでしょうからできる時間だけやりましょう。下半身の運動でお勧めなのは、カカト上げです。足を肩幅に開いて1秒に1回、カカトを上げ下げするだけです。

こちらも最初から3分は無理なので、できる時間だけ毎日続けましょう。1日たった6分で引き締まった体が手に入ります。

ダイエットしてるつもりは無かったのに体重が減った出来事

ダイエットはとても辛く、数々の誘惑に勝たなきゃ痩せることは出来ません。
私はとても太りやすいので、今までたくさんのダイエットに挑戦しては挫折していきました。

そんな私が唯一、痩せたいと特に思っていなくても痩せる時があります。
それは、失恋をした時です。

社会人になって間もなくして、彼氏が出来ました。
その彼氏は三つ歳上で、とても優しく、爽やかな人でした。
私は彼と結婚も考えていました。

しかし二年ほど付き合った時に、彼の転勤が決まりました。私は「もしかしてこのタイミングでプロポーズされるのでは」と思っていたのですが、彼はまだ結婚願望が無かった様で、「遠距離は出来ないから別れよう」と言われました。

私は本当にショックで、暫く固形物が何も食べられなくなってしまいました。本当に脱け殻状態でした。
気付くと、体重が4キロ減っていました。

なんとか会社には通っていましたが、急激に痩せていく私を見て、周りの人から心配されました。
いつも「ダイエットしてるんで」と誤魔化していました。

鏡を見ると頬が痩けていて、老けた印象を受けました。栄養を取っていなかったため、痩せ方が病的で全然綺麗じゃありませんでした。
このままじゃダメだと思い、少しずつ食べるようにし、元気になっていきました。

体重は元に戻ってしまいましたが、あんな風な痩せ方をしている時より健康的で、肌ツヤが良くなりました。
ダイエットをするにしてもちゃんと栄養は取らないと、綺麗には痩せられないんだということを学びました。

体重80キロの私が痩せれたダイエット方法

私が成功したダイエット方法を説明します。私は体重が80キロありました。

会社の健康診断でメタボと指摘されて真剣にダイエットに取り組みました。栄養士さんに相談して食事制限から始めるよにしました。

ダイエットを始める前はご飯を一日どんぶりで3食は食べていましたが、一日1食に減らして味の薄い食事に切り替えました。これだけでも一週間で2キロの減量に成功しました。

その後筋肉トレーニングと有酸素運動も毎日かかさず取り入れました。毎日家から会社まで片道6キロあるので片道だけ歩いて通勤して、なるべく階段を使うように意識して歩いています。

平日は家で腕立て30回、腹筋30回をして休日はジムに通ってマシーントレーニングをしました。二か月して体重を測ったところ7キロも体重が減っていました。筋肉の量も増えて体脂肪率が25パーセント以前はあったのですが、今は20パーセントまで減っていました。筋肉をつけると体の代謝がよくなり脂肪がつきにくい体になるそうです。

継続は力なりと言いますがまさにその通りだと思います。私の目標はあと5キロダイエットしたいと思っています。

無理なダイエットはリバウンドしてしまうので、自分のペースで出来るダイェット方法がいいと思います。

スープダイエットが効果的

私は今まで数々のダイエットに挑戦してきました。
失敗したダイエット方法も数多くありますが、効果があったダイエット方法もいくつかあります。

その中で一番効果があったダイエットは、私が独自でルールを決めた、「ポトフorミネストローネをメインで食べる」というダイエットです。
文字通りなのですが、毎日の食事をポトフ又はミネストローネをたくさん食べて、他のおかずやお米は少なくするというダイエット方法です。

朝ご飯はもともと食べていないので、昼御飯は会社にポトフかミネストローネを持っていって、それのみ食べていました。

夜ご飯はポトフかミネストローネを2杯食べて、お米はほんの少し、おかずは肉や魚を少しだけ食べました。
この食生活を毎日繰り返したら、4ヶ月でなんと5キロも減りました。

このダイエットの良いところはお金がかからないところ(ポトフ、ミネストローネは一度に大量に作るので、コスパがかなり良いです)、ストレスが少ないところです。
夜はスープを2杯飲んでいますで、お腹に結構溜まります。
また、具沢山にしているので更に満腹感を感じることができます。

もともと私はポトフとミネストローネが大好きなせいか、このダイエットをしている時は本当にストレスフリーでした。
スープが好きな人にはおすすめのダイエット方法です。

ダイエットのための食生活で心がけていること

ダイエットというと摂取カロリーを抑えればよい、

と私はずっと思っていました。

特に10代から20代にかけては知識が無かったため、今振り返ってみると相当ひどい食生活をしていたなぁーと思います。

1日1食にしてみたかと思ったらバイキングで腹いっぱい食べたり、ある日はケーキをご飯代わりにしたり、1日の食事はカップラーメンのみという日もあったり…。
当然そんな食生活なので肌荒れをしたり便秘になったり、若いのに様々な体調不良を起こしていました。

しかし30代になってからは健康第一と悟ったので栄養のことを色々勉強し、出来る限りたくさんの食材を食べてバランスがとれるように…と心がけるようになりました。
その結果、体重もなんとか理想体重をキープ。かつ、現在では健康面でもまったく何の問題もありません。

でもそんな私がつい最近になって気がついたのが、塩分の摂りすぎでむくむ場合があるということ。
例えばキムチ鍋です。キムチはカロリーが低いから…とたくさん食べていたのですが、どうにも体重がどんどん増えていくのです。

よくよく調べてみたところ、塩分過多はむくみにつながるということがわかりました。
それからは、特に夕食では塩分の多い食事を食べないようにしています。

塩分を控えることで、むくみはかなり改善されましたよ。