大卒後すぐ中学の養護教諭に。2人体制の保健室。相手の先生に最初から私はいなかったんで知らないと切捨てられ協力体制ゼロ。最終モンスターペアレントに直接攻撃を受ける

大卒後すぐ中学の養護教諭に。2人体制の保健室。相手の先生に最初から私はいなかったんで知らないと切捨てられ協力体制ゼロ。最終モンスターペアレントに直接攻撃を受ける

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
23歳

【当時の職業】
中学校で養護教諭

【当時の住まい】
実家暮らしのマンションで親と同居

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今は退職し主婦





【就職のきっかけと経緯】
大学で養護教諭の免許をとり、採用試験を受けるも倍率が高く落ちる。
自動的にその県の臨時に登録され、臨時採用枠でその学校へ任用される。

【環境と仕事内容】
大規模校の中学校で、保健室が2人体制のところに、正規の先生1人と私の臨時の先生1人の所へ勤務となった。
主に怪我の応急処置と生徒の健康情報のデータ入力、生徒の悩み相談等の業務をしていた。
少し荒れている学校で、時々先生と生徒の追いかけっこが校内で繰り広げられていたり、生徒が校内でタバコを吸っていたりするような学校であった。

【大変だった時期】
最初から大変だった。




【大変だったこと】
先生同士の喧嘩(大声で怒鳴り合い)が職員室内で度々あったり、保健室の正規の先生が子供の事を好きではない様子。
保健室に入れさせないという方針を持っていた。
また、私が赴任してすぐ、正規の先生は春休みなのでよく休むことが多く、春休み中に怪我した子の対応について、私は部活の顧問にすぐ報告に行ったが、部活の顧問が保護者に連絡をし忘れたことで、保護者が次の日怒って朝子供と一緒に校長室へ来校。
その際、私は臨時なのでその席には呼ばれず、正規の先生のみ呼ばれ保護者対応するも、正規の養護教諭が「私はいなかったんで知りません」と保護者へ言い、保護者は更に激怒。
最終的に保護者対応を私が直接する事となり、保護者に携帯番号を知られ家でも謝罪の電話をすることとなる。

【大変だった期間】
半年で更新をやめた。




【当時の心境】
毎日職場に行く事がとてもしんどかった。
子供と触れ合う時だけは楽しく、純粋な子供たちの心身の健康を思って毎日頑張って通勤した。
子供たちと話している、相談にのる時や一緒に掃除をする時だけは心も穏やかにすごす事が出来た。

【職場が大変だった原因】
正規の養護教諭の態度が非常に悪かった。
また、保護者対応を最終的に臨時の私が1人で行っていた学校の体制がおかしいと思う。




【仕事で良かったこと】
純粋な子供たちとお話したり、一緒に掃除をしたりする時間が充実していて、相談にのっていたことが解決したり嬉しそうな顔で報告しにきてくれたりする姿を見ると、とても嬉しく、やり甲斐や達成感を感じることができていた。




【特にひどかった最悪の出来事】
先程記述したが、赴任してすぐの春休み中(正規の先生不在)に怪我した子供の対応後、私はすぐに顧問の先生に報告をしにいき、顧問の先生は「後で保護者に電話しときます」という事でその日は終わっていた。
だが、次の日保護者がお怒りの状態で子供と一緒に登校。
そのまま校長室へ行かれる。
そこで、私は臨時なので呼ばれず、正規の先生のみ呼ばれ保護者対応される。
しかし、そこで正規の先生は「私はいなかったんで知りません」と答え、その態度と言い方に保護者はさらに激怒。
その後数日経って、どういう流れだったか忘れたが、私の携帯番号をその保護者に教えることになり、度々保護者からの電話を受ける。
最終的には家に帰った後の夜遅い時間にもかかってくるようになり、家でも保護者対応をしていた。




【相談した人・助けてくれた人】
実家暮らしだったため、親にはいつも相談したり話を聞いてもらっていた。
当初から親は学校の体制がおかしいと指摘してくれていたが、大卒の私にはどうすることも出来ず、ただ流れに従って家でも泣きながら保護者対応をしていた。

【改善のための行動】
正規の養護教諭の先生は、保健室には人をいれない!という方針であったため、休憩時間は私自身が廊下に出て、相談にのってあげたり話を聞いてあげたりした。
中学校であったため、怪我をする子供は少なく、体調悪そうな子だけ保健室へ入室させた。




【現在の状況と心境の変化】
それから10年経って、それまで色んな事を自分自身も経験し、強くなったと思って、トラウマもあったが昨年再度学校現場に挑戦してみた。
しかし、そこも2人体制の保健室であった。
相手の先生がまた変わっている方で、結局たくさん苦労し、心理的に病み、1年間という任用は出来たが、続ける事は出来なかった。
今は辞めて求職中である。

【学んだこと】
この2回も大変な経験をして、学校という現場にいる先生方は、社会をしらない変わっている方、一般企業では通用しないような方々が多いなと感じた。



【当時の自分へのアドバイス】
もっと冷静に、客観的に物事を見れるようにし、何がおかしい事か分かるようになって、もっと自分の意見を言えるようになったら、少しは状況が変わっていたのかもしれない。
これはおかしい!とちゃんと言える人間にならなければいけないと思う。
また、もう少し周りの先生に聞いたり相談したり、助けて欲しい時は助けて欲しいと言えば、心が楽になったのではないかと思う。